ホキ美術館大賞 写実絵画の登竜門 新しい写実絵画の可能性へ

ホキ美術館大賞 写実絵画の登竜門 新しい写実絵画の可能性へ

保木将夫ホキ美術館創設者
保木将夫

保木博子ホキ美術館館長
保木博子

第3回ホキ美術館大賞作品募集にあたって

第3回ホキ美術館大賞の作品を募集します。第2回ホキ美術館大賞には、全国から93点の作品が寄せられましたが、どの作品も長い時間を積み重ねて描かれた力作ぞろいでした。ホキ美術館は2010年11月に日本初の写実絵画専門美術館として開館し7年目になりますが、開館以来、多くの方がたが写実絵画に関心を寄せるようになり、作家同士も切磋琢磨し、ここに新たな写実絵画の流れが起こってきています。この写実の芽をさらに大きく発展させていくために、ホキ美術館は今後海外での紹介も視野に入れ、若き写実画家を応援していきたいと考えています。ホキ美術館大賞の入選作は2019年11月からホキ美術館のギャラリー1で半年間展示いたします。若い方々の意欲的な作品に期待しております。

2017年3月吉日
ホキ美術館大賞(保木将夫賞)について

開催趣旨
新人写実作家の発掘と写実絵画の発展。

開催回数
3年に1回開催。

募集規定
応募資格:2019年3月31日時点で40歳以下の方。国籍、アマチュア、新人、団体所属不問。ホキ美術館所蔵作家は除く。海外在住の方は送料は自己負担となります。

募集作品
細密に描かれた写実絵画。具象絵画で平面。油彩・テンペラのみ。アクリルは、ホキ美術館大賞事務局へお問い合わせください。共同制作による作品は不可。他の公募展等に出品されていない作品。出品作品が入選した場合、2020年5月末までホキ美術館で展示可能な作品。途中でご返却はできません。

応募作品のサイズ
A、Bの2種類のサイズからお選びください。
A:50~100号
B:10~40号

応募点数
何点でも可。

応募方法
1次審査:作品の写真、紙焼きの応募により選考。写真サイズ:カラーA4サイズ程度。出品申込書に必要事項をご記入の上、作品の写真とともに、ホキ美術館大賞事務局宛にご送付ください。

応募受付期間
2017年7月3日(月曜日)~2019年7月1日(月曜日)必着。
応募予定の方は事前にメールかFAXにてホキ美術館大賞事務局へ「ホキ美術館大賞出品申込予定」として(1)氏名(2)住所(3)生年月日(4)電話番号(5)作品予定サイズとジャンルをご明記の上、お知らせください。

募集要項 PDF

応募先・問い合わせ先
ホキ美術館大賞事務局
〒107-0062 東京都港区南青山 2-18-20 南青山コンパウンド502
TEL:03-6312-4098 FAX:03-6862-8600
e-mail: hoki-award@mbr.nifty.com

選考と作品の扱い
1次審査:作品写真によりホキ美術館創設者とホキ美術館館長が行い、審査結果はホキ美術館大賞事務局より通知いたします。
2次審査:1次審査を通過した現物作品を搬入いただき、審査を行います。2次審査では出品手数料が1点あたり5000円かかります。作品搬入先、出品手数料の振込先は別途通知いたします。作品搬入・搬出の費用についてはすべて出品者負担となります。重量は額縁を含め50kg程度まで。作品保護のため必ず額装してください(仮額可。但しガラス不可、アクリル可)。審査はホキ美術館創設者とホキ美術館館長が実施し、ホキ美術館大賞事務局が審査結果を送付いたします。
※審査についての問い合わせには応じられません。

賞・賞金・展覧会
受賞の発表:2次審査終了後、該当者に郵便で通知するとともに、「第3回ホキ美術館大賞展」として展覧会を行います。入選作品を掲載した図録を制作します。
大賞
50~100号の作品から選出。1点、賞金150万円、図録2冊、作品ポストカード20枚、作品は寄贈。
準賞
10~横40号の作品から選出。1点、賞金70万円、図録2冊、作品ポストカード20枚、作品は寄贈。
入選
60点(50~100号:22点、10~40号:38点)まで。図録2冊。
特別賞
1点、賞金100万円、作品は寄贈。入選作品の中から、来館者による人気投票を行い、第1位を特別賞とします。専用応募用紙に1人1点選出し、投票箱へ投票。約3か月の投票期間の後、特別賞を決定。大賞や準賞とのW受賞はありません。展覧会:受賞・入選作品はすべて、ホキ美術館ギャラリー1に2019年11月22日より6ヵ月間展示いたします。大きいサイズの作品は壁側に、小さいサイズは窓上に展示いたします。
※展覧会終了後、大賞、準賞、特別賞の作品はホキ美術館に寄贈していただき、それ以外の入選作はご返却いたします。
スケジュール
作品募集開始 2017年7月3日(月曜日)
応募締切 2019年7月1日(月曜日)
1次審査 2019年7月中旬
1次審査結果通知 2019年7月下旬
2次審査用作品搬入
2次審査 2019年8月下旬
2次審査結果通知 2019年9月上旬
内覧会・授賞式 2019年11月21日(木曜日)
受賞・入選作品展示 ホキ美術館ギャラリー1にて2019年11月22日(金曜日)から6カ月間
特別賞発表 2020年3月上旬以降

その他特記事項
作品の帰属、権利
入選以上の作品の独占的使用権はホキ美術館に帰属し、ホキ美術館広報を目的とした撮影および新聞、雑誌、ホームページなどへの掲載、放送、図録の発行などを自由に行うことができるものとします(第三者への許諾も含む)。また撮影画像および展覧会図録などの著作権はすべてホキ美術館に帰属します。

受賞の取り消し
受賞・入選発表後、募集規定等に違反していることが明らかになった場合、受賞・入選を取り消す場合があります。

免責事項
作品の取扱いには、細心の注意を払いますが、不可抗力、不測の事態による作品の損傷などにおきましては、ホキ美術館は一切その責任を負いません。

個人情報の扱い
記入いただいた氏名、住所、活動歴などの個人情報は、ホキ美術館大賞事務局で厳重に管理し、下記目的に限り使用いたします。
・ホキ美術館大賞に関する資料送付、連絡、その他事務局業務でホキ美術館大賞事務局が必要と判断する事項。(次年度以降の使用も含む)
・その他個人情報に関する窓口:ホキ美術館大賞事務局

その他諸注意
出品申込書はホキ美術館大賞事務局が発行したものと、ホキ美術館ホームページからダウンロードしたものに限ります。出品申込書などの記入や搬入手続きなどに不備がないよう気を付けて下さい。不備な点がありますとホキ美術館大賞事務局の判断により審査対象外にする場合があります。

2次審査の作品搬入出について
搬入、搬出の費用については、梱包費、運搬費、保険料などすべて出品者負担となります。


ページトップへ




ホキ美術館プラチナ大賞 写実絵画の登竜門 新しい写実絵画の可能性へ

ホキ美術館プラチナ大賞 写実絵画の登竜門 新しい写実絵画の可能性へ

保木将夫ホキ美術館創設者
保木将夫

保木博子ホキ美術館館長
保木博子

第1回ホキ美術館プラチナ大賞作品募集にあたって

41歳以上の写実作家を対象にした一般公募の第1回ホキ美術館プラチナ大賞の作品を募集いたします。ホキ美術館は2010年11月に日本初の写実絵画専門美術館として開館し7年目になりますが、開館以来、多くの方々が写実絵画に関心を寄せるようになり、作家同士も切磋琢磨し、ここに新たな写実絵画の流れが起こってきています。この写実の芽をさらに大きく発展させていくために、幅広い層の方に愛される写実絵画をめざし、写実画家を応援していきたいと考えています。第1回ホキ美術館プラチナ大賞の入選作は2018年11月より、ホキ美術館のギャラリー4にて2カ月毎に展示替えを行い6カ月にわたって展示いたします。皆様からの意欲的な作品に期待しております。

2017年3月吉日
ホキ美術館プラチナ大賞について

開催趣旨
シニア写実作家の発掘と写実絵画の発展。

開催回数
3年に1回開催。

募集規定
応募資格:2018年7月1日時点で41歳以上の方。国籍、アマチュア、新人、団体所属不問。ホキ美術館所蔵作家は除く。海外在住の方は送料は自己負担となります。

募集作品
細密に描かれた写実絵画。具象絵画で平面。油彩・テンペラのみ。アクリルは、ホキ美術館プラチナ大賞事務局へお問い合わせください。共同制作による作品は不可。2016年以降に制作された新作で、他の公募展等に出品されていない未発表の作品。出品作品が入選した場合、2019年5月末までホキ美術館で展示可能な作品。途中でご返却はできません。

応募作品のサイズ
10~20号。

応募点数
何点でも可。

応募方法
1次審査:作品の写真、紙焼きの応募により選考。写真サイズ:カラーA4サイズ程度。出品申込書に必要事項をご記入の上、作品の写真とともに、ホキ美術館プラチナ大賞事務局宛にご送付ください。

応募受付期間
2017年7月3日(月曜日)~2018年7月2日(月曜日)必着。
応募予定の方は事前にメールかFAXにてホキ美術館プラチナ大賞事務局へ「ホキ美術館プラチナ大賞出品申込予定」として(1)氏名(2)住所(3)生年月日(4)電話番号(5)作品予定サイズとジャンルをご明記の上、お知らせください。

募集要項 PDF

応募先・問い合わせ先
ホキ美術館プラチナ大賞事務局
〒107-0062 東京都港区南青山 2-18-20 南青山コンパウンド502
TEL:03-6312-4098 FAX:03-6862-8600
e-mail: hoki-award@mbr.nifty.com

選考と作品の扱い
1次審査:作品写真によりホキ美術館創設者とホキ美術館館長が行い、審査結果はホキ美術館プラチナ大賞事務局より通知いたします。

2次審査:1次審査を通過した現物作品を搬入いただき、審査を行います。2次審査では出品手数料が1点あたり5000円かかります。作品搬入先、出品手数料の振込先は別途通知いたします。作品搬入・搬出の費用についてはすべて出品者負担となります。重量は額縁を含め50kg程度まで。作品保護のため必ず額装してください(仮額可。但しガラス不可、アクリル可)。審査はホキ美術館創設者とホキ美術館館長が実施し、ホキ美術館プラチナ大賞事務局が審査結果を送付いたします。
※審査についての問い合わせにはホキ美術館プラチナ大賞事務局は応じられません。

賞・賞金・展覧会
受賞の発表:2次審査終了後に該当者に通知するとともに「第1回ホキ美術館プラチナ大賞展」として展覧会を行います。
大賞:1点、賞金30万円、作品は寄贈。
入選:45点。
展覧会:受賞・入選作品はすべて、ホキ美術館ギャラリー4に2018年11月23日よりジャンル毎に2ヵ月間、計6ヵ月間展示いたします。
※展覧会終了後、大賞の作品はホキ美術館に寄贈していただき、それ以外の入選作はご返却いたします。

スケジュール
作品募集開始 2017年7月3日(月曜日)
応募締切 2018年7月2日(月曜日)
1次審査 2018年7月中旬
1次審査結果通知 2018年7月下旬
2次審査用作品搬入
2次審査 2018年8月下旬
2次審査結果通知 2018年9月上旬
内覧会・授賞式 2018年11月22日(木曜日)
受賞・入選作品展示 ホキ美術館ギャラリー4にて2018年11月23日(金曜日)から6カ月間

その他特記事項
作品の帰属、権利
入選以上の作品の独占的使用権はホキ美術館に帰属し、ホキ美術館広報を目的とした撮影および新聞、雑誌、ホームページなどへの掲載、放送、図録の発行などを自由に行うことができるものとします(第三者への許諾も含む)。また撮影画像および展覧会図録などの著作権はすべてホキ美術館に帰属します。

受賞の取り消し
受賞・入選発表後、募集規定等に違反していることが明らかになった場合、受賞・入選を取り消す場合があります。

免責事項
作品の取扱いには、細心の注意を払いますが、不可抗力、不測の事態による作品の損傷などにおきましては、ホキ美術館は一切その責任を負いません。

個人情報の扱い
記入いただいた氏名、住所、活動歴などの個人情報は、ホキ美術館プラチナ大賞事務局で厳重に管理し、下記目的に限り使用いたします。
・ホキ美術館大賞に関する資料送付、連絡、その他事務局業務でホキ美術館プラチナ大賞事務局が必要と判断する事項。(次年度以降の使用も含む)
・その他個人情報に関する窓口:ホキ美術館プラチナ大賞事務局

その他諸注意
出品申込書はホキ美術館大賞事務局が発行したものと、ホキ美術館ホームページからダウンロードしたものに限ります。出品申込書などの記入や搬入手続きなどに不備がないよう気を付けて下さい。不備な点がありますとホキ美術館プラチナ大賞事務局の判断により審査対象外にする場合があります。

2次審査の作品搬入出について
搬入、搬出の費用については、梱包費、運搬費、保険料などすべて出品者負担となります。

ページトップへ